外壁・屋根Do!|京都の外壁・屋根リフォームのことならおまかせください!

京都の外壁・屋根リフォームのことならおまかせください!

サイディングの種類と特徴

サイディングとは?

近年モルタル壁に代わって、戸建住宅の外壁材では日本で一番使用されている板状の外壁材の総称です。デザイン性・施工性に優れており、タイル等よりも低価格なことから広く普及しています。

サイディングの特徴

金属サイディング

金属サイディング

特徴
表面にスチールやアルミ材を使った材料で、芯材には断熱材、裏面にはアルミ加工紙が主に使用されています。材料が軽いので既存壁の上や足場が組めないような箇所に施工されることが多い材料です。近年はモダンな外観の流行で、金属ならではのシャープなストライプ柄の材料がよく利用されています。

窯業系サイディング

窯業系サイディング

特徴
窯業サイディングとはセメントや木材など非金属系の原料を窯で高熱処理をして製造されたサイディングの総称です。サイディングの中でも一番出荷量が多い材料です。デザインや色彩も様々な表現が可能で、モダンな外観、和風、洋風などあらゆる外観スタイルを形成出来ます。

木質系サイディング

木質系サイディング

特徴
天然木や合板、木片セメント等を塗装したものです。主に海外で生産されています。特徴としては、やはり木ならではの質感があるということにつきると思います。

樹脂系サイディング

樹脂系サイディング

特徴
樹脂サイディングとはプラスチック系の原料から製造された材料です。特徴としては金属サイディング同様軽いということがまず挙げられます。また、プラスチックならではの弾力性や耐久性も高く、熱の伝導率も低い機能的な材料です。

ご注意
ページ上部へ